第2985号

13/01/01

●《トップニュース》
平成24年度(第58回)全国溶接技術競技会、優勝は森・大澤両選手

溶接日本一を目指し47都道府県代表112選手が技能を競った平成24年度(第58回)全国溶接技術競技会九州地区宮崎大会は、被覆アーク溶接の部で愛知県代表の森裕一選手(25、豊田自動織機トヨタL&Fカンパニー)、炭酸ガスアーク溶接の部で大阪府代表の大澤文宏選手(28、小松製作所大阪工場)が最優秀賞に輝いた。
年頭所感●日本溶接協会・宮田隆司会長
日溶協の宮田会長は、東日本大震災被災者支援などに力を入れた昨年の協会運営を振り替えるとともに、溶接情報センターの拡充と国際対応に関す事業運営強化、認証・認定事業に関する事業運営推進、一般社団法人への移行など、課題に位置付けた諸活動に取り組む方針を示した。
新春座談会●2013年ものづくりの針路、溶接界が担う役割は何か
【出席者】日本溶接協会会長・名古屋大学審議役=宮田隆司氏、溶接学会会長・大阪大学大学院工学研究科教授=平田好則氏、神戸製鋼所専務溶接事業部門長=粕谷強氏、ダイヘン取締役副社長執行役員溶接メカトロカンパニープレジデント=清原裕次氏、日鐵住金溶接工業社長=木村寛氏/内需伸び悩みや新興国の成長を背景にグローバル化が加速している。世界で勝ち残るためには注力する事業・地域を絞り込んで成長戦略を描き、海外企業に競り負けないコスト構造改革が必要。依然、世界最高品質を誇る日本の製造業がグローバル競争を勝ち抜くためには何が必要か。内外の溶接界動向に焦点をあてて議論する。
新社長登場●パナソニック溶接システム・高橋学氏
新春の夢●関西中小3社、航空機に挑戦/FSWの新ツール開発
●13年度から震災復興本格化/宮城県、福島県のケース
●2013年・年頭所感
▽関係団体=溶接学会・平田好則会長/軽溶協・小林紘二郎会長/日本鉄筋継手協会・橘高義典会長/KHK・作田頴治会長/日本溶接棒工業会・粕谷強会長/全溶連・深尾定男会長/JIMGA・豊田昌洋会長/JSNDI・横野泰和会長/JANDT・松村康人理事長▽企業=キトー・鬼頭芳雄社長/パナソニック溶接システム・高橋学社長
新春鼎談●WL資格の役割と人材育成・技能伝承/ものづくり最前線担う
1983年に制定された「溶接作業指導者(WL)」規格は、工場の溶接作業グループ班長、小規模溶接工事の現場監督など自身が有する高度な技量と豊富な経験で直接管理者として溶接作業者に的確な指示を与え、指導・監督する上級技能者を意味する。まさにものづくり現場の最前線を担う責任者と言える。
●世界のウエルディングショー2012/インド・米国・韓国・タイ
クローズアップ●高校生溶接コンクール、見えてきた「溶接甲子園」
昨年は3県2地区で高校生溶接コンクールが開催された。過去単独の開催実績があるのは23府県、地区大会出席含め35都府県で高校生が溶接コンクールに関与している。今年は宮城で3年ぶり高校生競技会を計画するほか、東部地区溶接協会連絡会は14年の関東甲信越大会を「(仮称)溶接甲子園選抜大会」を兼ねて発展的開催を目指す。
2012年展望と課題●メーカー首脳に聞く、今年の戦略
神戸製鋼所溶接事業部門・中村寿宏営業部長/タセト・黒川剛志社/日鉄住金溶接工業・木村寛社長/ナイス・金川芳香社長/ダイヘン・清原祐次副社長執行役員/日本ウエルディング・ロッド・山崎達彦社長/JKW・長谷薫社長/エサブ日本法人・山縣夏樹社長/電元社製作所・清水潤一社長/ミヤチテクノス・小宮山邦彦社長/安川電機・南善勝取締役ロボット事業部長/ナストーア溶接テクノロジー・渡辺彰雄社長/OBARA・持田律三社長/デンヨー・古賀繁社長/バブ日立工業・阿部孝夫営業本部副本部長/スノウチ・渡部康二社長/大陽日酸・柳田裕久執行役員パッケージガス事業部長/エア・ウォーター・白井清司産業機材事業部長/岩谷産業・上羽尚登専務/小池酸素工業・小池哲夫社長/日酸TANAKA・吉田和宏社長/ヤマト産業・小野寺雅宏社長
/ナ・デックス社長・太田善教社長/マツモト機械・鮎川伸悟社長/愛知産業・井上裕之社長/トルンプ・ハルトムート・パネン社長/アマダ・柴田耕太郎取締役執行役員/三菱電機・氷見徳昭メカトロ事業推進部長/プレシテックジャパン・天野公夫代表取締役/マイト工業・吉田重一社長/ニューレジストン・山内憲司社長
新春訪問●びー・えむ・えー工房、フェニーズ4つ目の提携店
●溶接1日体験記/人生2度目の溶接はおそるおそる、音の重要性発見
●現代の名工を訪ねて(上)
アーク溶接工・後藤春雄さん(宮富士工業)/アーク溶接工・加藤一也さん(三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所大江工場)/アーク溶接工・橋本義男さん(三菱重工業高砂研究所)/アーク溶接工・橋本進さん(黒磯製作所)/アーク溶接工・山田哲彦さん(エムイーシーテクノ)

TOP画面へ

お勧めの書籍