第2956号

12/05/29

●《トップニュース》
夏の電力危機、産ガス値上げへ/メーカー、計画停電想定し対応

夏季の電力需給不足と東京電力の電力料金値上げに、産業ガスメーカー各社が対策を急いでいる。需給対策は、各プラントとも減量運転で乗り切る構えで、計画停電が実施された場合はほかの地域からの長距離輸送などで対処する。電力料金値上げについては過去の電力値上げ時と同様、販売価格に転嫁する方向が定まりつつある。
●政府、電力需給対策決める/関西の使用制限令見送り
政府は電力需給に関する検討会合を開き、今夏の電力需給対策を決定した。関西電力管内における電力使用制限令の発動は、地元経済界などからの反発が強いこともあり見送る。半面、気温上昇などで需給がひっ迫した場合は大規模な電源脱落を回避するため、供給不足の北海道・関西・四国・九州4電力で計画停電の準備を進めることとした。
企業特集●大日本アガ、1世紀を歩み未来へ/変遷経て新時代拓く
日本におけるアセチレンガスのパイオニア・大日本アガが、今年創業100周年を迎えた。これを記念して5月11日、名古屋市内のホテルで「創立100周年記念祝賀会」を盛大に開催した。鋤柄喜彦社長は100年を節目に次代に向け、さらに飛躍すると力強く宣言した。
機械・工具ニュース●作業工具、需要回復し11年度生産額2桁増
経済産業省統計による2011年度の作業工具生産実績は、数量が1億9万5000個(前年比2・3%増)、金額が400億5200万円(同12・8%増)と、2年連続のアップとなった。個数が2年ぶりに1億個を突破したほか、金額も400億円をクリアするなど、その回復ぶりが顕著に表れている。

TOP画面へ

お勧めの書籍