第2955号

12/05/22

●《トップニュース》
夏の電力需給、中西日本で極めて厳しい情勢/関西は15%不足

今夏の電力需給が、厳しい局面に差しかかっている。沖縄電力を除く全国9電力のうち、北海道・関西・九州の3電力は電力需要予測に供給能力が追いつかず、四国電力も需要と供給がほぼきっ抗し予断を許さない状況。特に関電管内は供給力が14・9%不足しており、非常に深刻な状況だ。
●神溶会全国総会、仙台で開催/復興支援意識、約100人が参集
神戸製鋼所溶接材料事業部門の販売組織である神溶会は5月14日、2012年度全国総会を仙台市内で開催した。全国総会は例年京都で開催しているが、今年は東北での開催となり東日本大震災からの復興支援の色彩が濃いものとなった。全国総会には神溶会を構成する商社、地区指定商社などから総勢約100人が出席した。
●11年度溶解アセチレン生販実績/16年ぶり増産に転じる
日本産業ガス協会のまとめによると、11年度の溶解アセチレン生産量は、前年度比0・6%増の1万1824トン201キロとなり16年ぶりに前年度比プラスを回復した。販売量も同0・5%増の1万3143トン607キロで、6年ぶりにプラスに転じた。ただ、水準は依然低く生販とも20年前の半分の水準と停滞している。
特別企画●2012TWF、6月9・10日に幕張で熱い商戦
関東甲信越地区有力溶材商社・機械工具商社主催、マツモト産業関東支店後援による「2012MACウェルディングフェアin関東」(TWF)が6月9日・10日の2日間、千葉市美浜区の幕張メッセで開催される。今回は2年ぶりの幕張開催で主催店92社202事業所が参画し、出展メーカー180社が各種新製品、新技術を披露する。

TOP画面へ

お勧めの書籍