第2938号

12/01/17

●《トップニュース》
溶接界新春賀詞交歓会盛大に/700人超集い「絆」確認

日本溶接協会と産報出版が主催する2012溶接界新春賀詞交歓会が1月6日、都内のホテルで開催された。産学官の溶接関係者700人以上が参集し、東日本大震災からの復興や景気回復を祈念し力強く新年の門出を祝った。今年は震災の復旧復興工事が期待されるが基盤技術である溶接の役割は大きいだけに、関係者の決意が強く感じられた。
●岡山県高校生ものづくりコンテスト開催/溶接部門に37選手
岡山県高等学校工業教育協会(小林清太郎理事長)主催の平成23年度(第6回)高校生ものづくりコンテスト岡山県大会が12月17日、備前市の県立備前緑陽高校溶接実習室で開催された。溶接作業部門には12校37選手が技を競い、県立倉敷工業高校機械科3年の野瀬祥平選手が優勝の栄に輝いた。
●安川電機、中国でロボット生産/江蘇省に拠点、13年から量産
安川電機は、産業用ロボットの新たな生産拠点として、中国江蘇省常州市にロボット生産子会社を設立する。中国などアジア新興国でのロボット需要拡大に対応するため、現在の生産能力を拡大する必要があると判断した。新拠点では13年3月から量産に入る予定で、15年には月産500台態勢の確立を目指す。
●アマダ、上海に統括会社設立/中国市場での売上倍増へ
アマダは、このほど中国・上海に現地統括会社の天田中国を設立した。エンジニアリング提案のできる態勢を構築して顧客満足度を高め、成長を続ける中国市場のさらなる開拓を図る。13年には工場、テクニカルセンター、パーツセンターなどで構成する新上海事業所を建設。中国では来年、売上高を10年比2・3倍まで高める計画だ。
12年市場展望●ファブ2団体トップに聞く
鉄建協・川田忠裕会長/全構協・米森昭夫会長
クロースアップ●日構専、12年度から学校改革推進
2012年展望と課題●ディーラー首脳に聞く、わが社の戦略
巴商会・深尾定男社長/鈴木商館・鈴木慶彦社長/日東工機・吉岡良三社長/ウエキコーポレーション・木本伊彦社長/フジオックス・藤本孝雄社長/丸由工材・澤田勇治郎社長/市村酸素・市村博社長/東京山川産業・中尾孝司社長/カミマル・田辺幸則社長/三五商店・三五章夫社長/岡谷酸素・羽場義人常務/モテキ・茂木俊宏社長/サイサン・川本武彦社長/渡商会・河西哲男社長/宇野酸素・小倉善興会長/古庄電機産業・石井隆一社長/扶桑産業・月木義治社長/マツモト産業・吉田充孝社長/サーンテック・柴田芳久社長/ネクスト・ワン・宇田川隆社長/高山産業・新田徹常務/藤井商事・藤井克彦社長
●2012年・年頭所感
東海溶材・松下勝実社長、大陽日酸・川口恭史社長、トラスコ中山・中山哲也社長

TOP画面へ

お勧めの書籍