第2931号

11/11/15

●《トップニュース》
広域関東圏協組、外国人実習生モデル事業に/ベトナムの取り組みで

海外建設協会は「ベトナム、タイ及びインドネシアからの技能実習生に関する日本企業海外進出支援モデル事業」に、ベトナムでJIS溶接技能者を育成する広域関東圏建設関連協同組合など3者を選んだ。同協組は昨年、日本溶接協会の溶接技能者評価試験をベトナムで初めて実施し、第1期・第2期合計で約60人の合格者を輩出している。
特別企画1●神溶会、創立60周年記念全国総会開く
神溶会は11月1日、60周年記念全国総会を神戸市内のホテルで開催した。全国の神溶会会員、神戸製鋼所からは佐藤廣士社長をはじめ粕谷強専務(溶接事業部門長)、有園博行神溶会会長(営業部担当部長)ら溶接事業部門幹部が出席し、関係者約400人が一堂に会した。
特別企画2●レジストン会全国総会、盛大に/開発・サービスに全力
オフセット砥石大手・ニューレジストン(和泉市、上野雄司社長)の販売店組織「レジストン会」は10月25・26日の2日間、横浜市内で全国総会を盛大に開催した。3年ぶりの総会には全国各地から代理店・販売店約250社が参集。総会では顧客優先のもと、「K(切る)K(削る)M(磨く)ソリューション企業」への飛躍を誓った。
特集●レーザ加工技術の最新動向/技術革新により適用拡大
目覚ましい技術的進歩を遂げるレーザ加工技術。板金・シャーリングや自動車などの産業分野では、欠くことのできない基幹技術として適用が拡大しているほか、次世代の成長産業として注目を集めているリチウムイオン電池や太陽電池の開発においても、重要な役割を果たすキーテクノロジーとして適用拡大に大きな期待が寄せられている。

TOP画面へ

お勧めの書籍