第2733号

07/10/09

●《トップニュース》
8月の鉄骨需要44%減/着工面積大幅減、国交省確認申請の停滞打開へ

国土交通省は、建築確認・検査の厳格化によって建築主などに無用の負担を強いることがないよう求める技術的助言を地方整備局、都道府県などに送付した。改正建築基準法をめぐっては6月20日の施行から建築確認申請が全国的に停滞し、8月の推定鉄骨需要量は前年同月比44・6%減と大幅に落ち込んだ。同省では今回の通知によって、改正法に基づく手続き上の影響の軽減を図る。
●神鋼溶接C、蘭で軟鋼用FCW本格生産開始/グローバル供給体制強化の一環
神戸製鋼所溶接カンパニーの欧州拠点であるKOBELCO WELDING OF EUROPE B.V.社(=KWE、蘭リンブルグ州ヘールレン市)は、新たに軟鋼用FCW(フラックス入りワイヤ)の本格生産を開始する。生産開始に向けた投資金額は1億0900万ユーロ(約15億円)で、08年以降ステンレス鋼用と軟鋼用のFCWを合わせた年産量は7000トンとなる。
●日本液炭が10月1日付で発足/2011年3月期売上350億円、経常益30億円狙う
日本炭酸と液化炭酸、大陽日酸炭酸ガス部門の合併新会社・日本液炭が、10月1日付で発足した。新会社は今期業績を売上高約300億円、経常利益20億円と見込んでおり、炭酸ガス専業メーカーとしては国内トップ。2011年3月期には売上高350億円(今期業績予想比17%増)、経常利益30億円(同50%増)の達成を目指す。
特別企画●大阪ウエルディングフェスタ2007開催/11月10・11日、インテックス大阪で
近畿地区有力溶材商社主催、マツモト産業関西支店後援による大阪ウエルディングフェスタ2007が、今年も11月10・11の両日大阪市港区のインテックス大阪で開催される。今年のOWFは、主催店67社・出展メーカー約200社が集結。「再生から成長、さらなる飛躍へ」のテーマにふさわしい熱気あふれる商談が期待される。

TOP画面へ

お勧めの書籍