第2718号

07/06/12

●《トップニュース》
第64回全溶連大会開催へ/6月14日・15日、北九州市小倉北区で

全国高圧ガス溶材組合連合会は、第64回全溶連大会2007九州を6月14・15の両日、北九州市小倉北区で開催する。同大会は全国の高圧ガス溶材事業者が一堂に会するもので、隔年開催となって今回が2回目。組合員など300人以上が参加する予定となっており、「連帯と協調」の全溶連の理念のもと、市場が抱える課題や次代のあり方などについて討議を行う。
●溶接技能者受験者数、前年度比2%増の12万人/第1回WO認証委で報告
日溶協の平成19年度第1回溶接技能者認証委員会・全国幹事会がこのほど都内で開催され、全国9地区とも溶接技能者受験者数が増加傾向にあることが明らかになった。18年度溶接技能者受験者数は、学科受験者が前年度比5%増の2万1880人、実技受験者が同3%増の9万7190人で、件数では同2%増の12万2002人となった。
●日酸TANAKA、今年度の新製品概要を発表/新型4キロワット発振器搭載レーザ切断機投入
日酸TANAKAは、今年度発売する新製品の概要を明らかにした。FA機器関連ではY開先機能付プラズマ切断機や新型4キロワットレーザ発振器を搭載した切断機などを投入。制御機器関連では軽量化した線状加熱吹管などを発売する。溶接機材関連では、新型の配管自動プラズマ切断機や半導体小口径配管超音波探傷装置などを打ち出していく計画だ。
特集●第64回全溶連大会
全溶連・澤田勇治郎会長に聞く/業界功労者25氏表彰/特別座談会=急増する高圧ガス事故、全溶連の果たす役割は/九州溶接関連産業の動向/全溶連副会長に聞く=深尾定男氏、竹腰兼壽氏、藤井基博氏、上田茂男氏、松尾光敏氏/トピックス=産業ガス値上げの浸透度と展望、横行する金属盗難/メーカー、溶材商社に聞く・07年景況と需要動向=神戸製鋼所溶接カンパニー、日鐵住金溶接工業、松下溶接システム、デンヨー興産、ダイヘン溶接メカトロシステム、日立ビアエンジニアリング、トルンプ、ジャパン・エア・ガシズ、大陽日酸、日酸TANAKA、小池酸素工業、東邦アセチレン、岩谷産業、エア・ウォーター、日東工機、サーンテック山川、鈴木商館、東京山川産業/商慣行改善の進捗状況、策秋以降着実に進展/容器管理新時代・第7回アンケート調査/知っておきたい労務管理の基礎知識/中小企業は今=事業継承の円滑化政策/全国溶材商社に聞く=景況、保安、経営課題

TOP画面へ

お勧めの書籍