第2701号

07/02/06

●《トップニュース》
神戸製鋼所、中国で溶接ロボットシステム新展開/急拡大するニーズに対応

神戸製鋼所は、新たに中国国内で溶接ロボットシステム事業を展開する。現地法人の合弁企業・唐山開山電器グループと、溶接ロボットシステムの製造販売・メンテナンス契約をこのほど締結。今後は現地での販売活動を開始するとともに、メンテナンス体制の整備・拡充も図っていく。
●三菱電機、メカトロ開発センターを新設/40億円投資、来夏稼働
三菱電機は、産業メカトロニクス製品の開発拠点を、同社名古屋製作所(名古屋市東区)内に新設する。顧客ニーズに則したレーザ加工機や放電加工機の開発を強化するとともに、新製品開発および新技術を確立していく。新拠点構築のための投資額は約40億円、稼働は2008年5月を予定している。
●圧接協、18年度優良圧接会社5社を発表/A級7社も新規認定
日本圧接協会は、平成18年度優良圧接会社5社と新規認定A級継手圧接施工会社7社を発表した。これにより、優良会社は82社(87事業所)、A級会社は 51社(52事業所)に拡大した。優良会社認定は今回が10回目、A級会社認定は3回目でそれぞれ高度な技術を有し、一定水準以上の加工管理能力・設備などを有すると認められたもの。

TOP画面へ

お勧めの書籍