2006年(平成18年)8月15日 第2678号

06/08/15

●《トップニュース》
全構協と鉄建協、国交省・経産省に要望書/SS400材に強い懸念
全国鉄構工業協会と鉄骨建設業協会は、このほど連名で新JISマーク表示制度施行に伴う要望書を、国土交通・経済産業両省に提出した。要望書では、新JIS マーク表示制度施行に伴い鉄骨加工が困難な鋼材や耐震性の劣る鋼材が流通する可能性を危惧。中でも材質面でJISG3101 SS400に強い懸念を表明した。
企業特集●ハイドロエッジ・上羽尚登社長に聞く/近未来にらんだ水素・液資源への挑戦
岩谷産業グループのハイドロエッジは今春、国内最大級の液化水素・LNG冷熱利用型空気分離ガス製造のプラントを完工した。これにより、水素市場シェアトップの岩谷グループは事業基盤をより強固なものにしている。ハイドロエッジ社長を務める岩谷産業の上羽尚登常務に、今後の事業展開などを聞いた。
海外特集●中国・青島、ものづくり最前線レポート/技術・技能急成長、世界有数の生産拠点に
2008年北京五輪や2010年上海万博を控え、中国のインフラ整備が急ピッチで進んでいる。沿岸部では、国内・外資の両企業群が世界に向けた製造基地としての機能を高めている。こうした中、青島におけるものづくりの実情、中国の溶接事情などをレポートする。
特別企画●日曜溶接が静かなブームに/「趣味の溶接」に広がり、カルチャー教室も開設
金属製の小物などを製作するため、「日曜溶接」が静かなブームを巻き起こしている。ユーザーの大半は実務経験者だが、金属加工用機材の販売を強化するホームセンターも増えており、すそ野は着実に広がっている。溶接が持っていた特殊技能のイメージも、次第に薄れつつあり手軽に溶接を楽しむ人が増えている。

TOP画面へ

お勧めの書籍