2006年(平成18年)7月4日 第2673号

06/07/04

●《トップニュース》
高校生溶接コンテスト、岡山の工業高校対象に実施/全国初のチャレンジ
岡山県高等学校工業教育協会は、今年12月に備前市で高校生ものづくりコンテストを開催する。コンテストでは溶接部門も設け、県下の工業高校から選抜された高校生が溶接技能を競う。高校生による溶接コンテストは全国でも初の試みで、約20人が参加を予定している。
●鉄筋継手施工実績、前年度比1・5%減/溶接は8・8%の増加
日本圧接協会によると、2005年度の鉄筋継手総数は前年度比1・5%減の6606万0154個所となった。ただ、溶接は同8・8%増の627万6460個所と伸長。太径鉄筋は減少したものの、中径鉄筋が大幅に増加したため。全体の80%を占めるガス圧接は、同3・1%減の5219万2478個所となっている。
●浪速酸素、創立50周年記念式典開く/業界への貢献高く評価
関西有力ディーラーの浪速酸素(大阪市西区)は、このほど大阪市内で創立50周年記念式典を開催した。式典には取引先など約130人が出席。同社の林薫社長は、「創立50周年を迎えることができたのは、仕入れ先各社の支援のおかげ」と謝意を表明。あいさつした来賓も、これまでの業界への貢献を高く評価する祝辞を述べた。

TOP画面へ

お勧めの書籍