2005年(平成17年)5月24日 第2619号

05/05/24

●《トップニュース》
2006国際ウエルディングショー、東京で企画説明会開く/来年4月12〜15日に東京ビッグサイトで
2006 国際ウエルディングショーは来年4月12日から4月15日までの4日間、東京・江東区の東京ビッグサイトで開催される。5月16日に都内で開催された企画説明には、溶接・接合、非破壊検査機器メーカーなど約100社が出席しショーへの期待を示した。今回は「いまここから始まるステージ-溶接・切断・表面改質・検査のソリューション」をテーマに設定した。
●ITSC2005、スイスで開催/世界の頭脳・技術が一堂に
国際溶射会議(ITSC2005)が5月1日から3日までスイスで開催された。今回は基調講演2件を含む技術講演221件(うち日本人講演12件)、ポスターセッション101件が行われ、展示会には44の企業・団体が出展。溶射技術の最新動向が展開される一方、会場近郊の企業・研究所の見学会も行われた。
ガイド●HUBTEC2005関連行事、講演会「溶接の基礎からハイテクまで」/6月10日まで受講者募集
HUBTEC2005 の関連行事として溶接学会東海支部・溶接アーク物理研究委員会が6月30日、ポートメツセなごや(名古屋市港区)で溶接技術講演会「溶接の基礎からハイテクまで」(各産業における最新の溶接技術と溶接プロセスのビジュアル化)を開催する。若手および中堅の研究者・技術者に、最近の研究・開発の成果を分かりやすく解説する。
特集●ステンレス鋼の溶接管理
ステンレス鋼は幅広い用途で活用され使用量も増加しているが、使用目的・環境に応じた溶接材料・溶接法の選定は、鋼構造物の信頼性向上と高機能性を実現するためにも重要である。ステンレス鋼溶接材料の特徴を解説しながら、基本的な溶材選定方法、実際の施工における留意点などを探る。

TOP画面へ

お勧めの書籍