2005年(平成17年)3月15日 第2610号

05/03/15

●《トップニュース》
大陽日酸メジャークラブ始動へ/会員数約260社、国内販売組織で最大
大陽日酸は、4月1日から始動する新特約店組織・大陽日酸メジャークラブの概要を明らかにした。同クラブは、産業ガス関連の販売組織として国内最大となる約 260社の販売店が加盟。業容も売上規模で約900億円と、大陽日酸単体の売上高に占める割合は40%弱に達する。同社は今後も新組織を強化・拡充し、早期に売上高1000億円の達成を目指す方針。
●日東工器、4月からグリーン調達対応製品に切り替え/環境配慮経営の一環
日東工器は、環境配慮経営の一環として、全製品を4月から順次グリーン調達対応製品に切り替える。環境負荷低減・グリーン調達対応製品への全面切り替えは、特定有害物質の使用規制であるRoHS指令が施行される2006年7月を目標にしている。
●東京高圧とエス・ディー・ガス販売、4月1日付で経営統合/シナジー効果を追求
東京高圧(東京・渋谷区)とエス・ディー・ガス販売(川崎市川崎区)は、4月1日付で経営統合する。このほど合併契約書に正式調印した。存続会社は東京高圧で、合併会社の社長には東京高圧の前田浩正社長が就任。経営統合後は、年商90億円、従業員数110人の規模を予定している。
企業特集●鈴木商館が創業100周年/21世紀にふさわしい企業へ
鈴木商館は3月15日、創業100周年を迎えた。日本への工業用高圧ガス及びガス溶接がもたらされたのが1907年であることから、同社の歴史はわが国溶接産業の発展にそのままつながると言える。同社も液化炭酸ガスの販売から高圧ガス全般、産業機材、化学品、空調、低温機器などの分野へ事業領域を広げ、日々変化する時代とニーズに即応している。

TOP画面へ

お勧めの書籍