2000年(平成12年)12月5日 第2405号

00/12/05

●《トップニュース》日本酸素 CE監視・管理システム本格導入
日本酸素は、液化ガス貯槽(CE)の液面レベルを遠隔地から監視・管理するシステムの信頼性を向上させ新機能を追加した「CEVENS」を開発本格導入した/当面は年間100台程度の設置を目標にしている
●金材研 薄板の新溶接法開発
科学技術庁金属材料技術研究所は、薄板鋼板の溶接部の疲労強度を従来比1・5倍、疲労寿命を50倍以上に高める溶接法の開発に成功/今回開発した方法は、構造物の疲労強度に有効な圧力残留応力を溶接予熱や溶接後熱処理の工程を加えずに溶接終了後に直接導入する方法
●安川電機 汎用インバータ開発 世界初3レベル制御方式
世界に先駆けて高性能でなおかつモータドライブ環境の課題解消を実現した本格ベクトル制御汎用インバータ「VarispeedG7シリーズ」を製品化/標準価格は200V10万8000円ほか

TOP画面へ

お勧めの書籍