2000年(平成12年)5月2日 第2377号

00/05/02

●《トップニュース》原研、遠隔ロボット溶接に成功 ロシア、米国が協力
原研は4/27、国際熱核融合実験炉「ITER」用大型真空容器の開口部(ポート)を遠隔溶接ロボットで溶接することに成功したと発表/日本が製作した実物大の真空容器モデルに、ロシアが製作したポート延長部を米国が製作した遠隔溶接ロボットで溶接/真空容器モデルは高さ15?b、幅9?b、断面がD型のステンレス製/米国が開発した遠隔溶接ロボットは全長約1?bの多関節アームに溶接機を搭載/ITER真空容器は高さ15?bあるにもかかわらず、要求製作精度はプラスマイナス5?oときわめてシビア/今後は原研においてこの遠隔溶接ロボットを用いた非破壊検査、切断作業の試験継続を予定\n●《企業特集》『平成12年レジストン会全国総会』盛大に開催
オフセット砥石の大手メーカー・ニューレジストンの代理店・販売店で組織するレジストン会は4/11大阪のハイアット・リージェンシー・オオサカに全国から約230名の会員を招き「平成12年レジストン会全国総会」を開催/研究センターを開設し製品開発とサービスに注力/景気回復に向け先取りのための体制を着々と固める/期待の新製品を披露、レジストン会とともに普及拡大に邁進/新製品:切断砥石「α(アルファ)カット」・ペーパー多羽根ホイル「S(エス)ホイル」
●《企画特集》2000国際ウエルディングショー見てある記 21世紀に向けた目を奪う未来型新技術が一堂に
今回も実演はロボットが主役/レーザ加工機システムが出揃う/パイプ/チューブ溶接も花盛り/韓国からの直接出展に注目・溶接オートキャリッジ/高品質溶接確保に溶接用ガスが注視/自動車のアルミ化で目立ったTIG/MIG溶接/地球・作業環境に優しい新商品群も/21世紀の懸け橋として意欲/専門家筋に見応えあるショー/従来の常識を破った超コンパクト溶接機/海外の関係者にインタビュー/盛大に開かれたレーザ加工国際フォーラム・レーザ熱加工に関する技術理論から最近の動向まで/日立造船堺工場の最先端設備見学会も/JIWSクローズアップ:注目製品紹介

TOP画面へ

お勧めの書籍