2000年(平成12年)2月22日 第2367号

00/02/22

●《トップニュース》2000国際ウエルディングショー
満を持し115社出展 海外製品も多数 最新鋭機が出揃う
2000 国際ウエルディングショー(日本溶接協会・産報出版主催)は4/12〜15までインテックス大阪で開催/「21世紀の扉を開く溶接・接合技術−考えてみませんか、ものづくりの原点を−」をテーマに/景気低迷が長引く中出展企業総数は115社(うち海外出展16社)、小間数で600小間に及ぶ規模となった/国際ウエルディングショーは、独・エッセンウエルディングフェア、米・AWSウエルディングショーと並び世界3大国際溶接展示会の一つとされる/1952 年(昭和27年)に開催された溶接関連機器展示説明会(運輸省技術研究所主催)が契機となり翌年に第一回が開催された/その後東京・大阪での相互隔年開催となり、名称も1961年(昭和36年)にジャパンウエルディングショー、1969年(昭和44年)には国際ウエルディングショーに改名され、今回で16 回目を迎える
●レーザ加工国際フォーラム2000 4/13・14インテックス大阪で開催 生産加工テーマに第一線技術者が講演
溶接や切断などレーザ熱加工に関するわが国最大のイベント、レーザ加工国際フォーラム2000(IFLP2000、レーザ加工国際フォーラム実行委員会主催)が「レーザによる生産加工」をテーマに4/13・14インテックス大阪国際会議場で開催/今回は2年ぶり3回目の開催で講演会と見学会が企画されている/定員150名(申込み先着順)・参加費2万円・講演会(世界のレーザ加工事情・橋梁生産工程でのレーザ加工の現状と新しい適用検討・高出力YAGレーザの加工への適用とそのハイブリッド化)など/詳細はこちらをクリックして下さい
●ミヤチテクノス トランジスタ式溶接電源4月発売へ
モータ、コイル、電池など電気部品や電子部品を製造する過程に置いて広く使用される精密接合用として画期的な製品、トランジスタ式溶接電源「MDA- 4000A/MDB-2000A/MDC-2000A」を開発し4月から発売を予定している/特徴は?@溶接電流の立ち上がりが従来品に比べて4.5倍の速さなので短時間で微細なワークの溶接も、スブラッシュやべた付けを解消した高品質な溶接が可能/?A標準型・極性切替型・2チャンネル型の3タイプのラインナップが選択できる?C「定電圧」「定電流」「定電流と定電圧の組み合わせ」の3つの制御方法を溶接ワークに合わせて選べる−など

TOP画面へ

お勧めの書籍