1999年(平成11年)11月23日 第2355号

99/11/23

●《トップニュース》
日本溶接協会創立50周年迎える 栄えの記念表彰38氏
(社)日本溶接協会は昭和24年に社団法人として設立してから今年で50周年を迎える/50周年を記念して11/24午後3時から東京・港区の東京プリンスホテルで創立50周年記念式典を挙行/この席上日本溶接協会の発展に大きく貢献した人を対象に表彰を行う
●松下産機 溶接機・溶接ロボ部門分社化
赤字に悩む松下産業機器の経営建て直しが注目されている中、11/10再建案が発表/“三期連続の赤字は許されない”松下電産グループにはこの不文律があり特に注目されていたもの/松下産機の中核事業である溶接機・溶接ロボット製造部門を分社化し松下電器と共同出資で設立する新会社「松下溶接システム株式会社」に移行し2000年4月1日付で事業を開始する/同時に現在松下産機の配電器事業部で担当しているキュービクル・トランス事業をも分離して「松下受配電システム株式会社」を設立する
●《企業特集》クレノートン高性能といし2種開発 溶材向けアイテムさらに充実
研削研磨の総合メーカー・クレノートンは孔開きフレキシブルといし『ノルフレックスてんとう虫』と切断といし『スーパーノルゾンカット』の2種類を開発/11/1より全国一斉に販売を開始/『ノルフレックスてんとう虫』は使用面に8個の孔をあけた従来にない画期的なもので高性能を発揮/『スーパーノルゾンカット』は厚さ1・7?の極薄タイプの切断専用といしで70有余年の歴史と経験を持つ同社が培った技術とノウハウを結集し開発/年間2400万枚といわれるフレキシブルといし市場において『ノルフレックスてんとう虫』は500万枚/年間/年間1200万枚市場と推定される切断といし分野で『スーパーノルゾンカット』は100万枚/年間の販売目標を掲げた
●《日本溶接協会創立50周年記念特集》躍進する日本溶接協会50年の歩み
創立50周年に寄せられた祝辞/専門部会の活動/研究委員会の活動/特別委員会の活動/認定・認証事業活動/普及・啓蒙活動/国際活動/全国54支部紹介/随想・日本溶接協会と私

TOP画面へ

お勧めの書籍