1999年(平成11年)8月10日 第2342号

99/08/10

●《トップニュース》
アーク溶接ロボットの生産・出荷激減
日本ロボット工業界発表平成11年1月〜6月集計/生産台数3490台(前年同月比15・8%減)/金額130億2100万円(同23・9%減)/前年下期から歯止めのかからぬ急落/国内は大幅な落ち込みだが輸出は台数・金額とも7〜8%の増加/国内の落ち込みの要因は自動車関連の設備投資の抑制によるものが大/輸出は欧州やアジアの経済回復などがプラスの要因となっている
●デンヨー 生産・サービス体制の強化を目指し「デンヨーテクノサービス?」設立
7/21 付けでデンヨーテクノサービスを設立し10/1付けでサービス子会社の?ディー・エム・エスを合併する/デンヨーグループ経営の強化に向けて見直しを実施したもの/特殊製品の生産業務をデンヨーテクノサービスに委託する/新会社設立に伴い埼玉工場の海外向け発電機を福井工場に移管/今後需要が見込まれる常用・非常用発電装置、特殊機器の生産をデンヨーテクノサービスに
●フタバ パソコン上で切断ロボットラインを操作 MOCシステムM2000開発
オンラインティーチング方式の型鋼自動切断ライン「Mライン・MOCシステムM2000」開発/9/16〜18に本社工場でプライベートショーを開催/新製品は従来のMラインの優れた機能の継承は勿論、新たに切断ロボット並びに搬送ラインを含む全てのシステムをパソコンで制御・管理するシステム/主な特徴○ 切断ロボットと同一の演算ロジックの搭載により高精度な動作シミュレーションを実現○切断ロボットと同一の操作性をパソコン上で実現○グラフィカルな3次元表示により視覚的にデータ作成、編集、確認が可能ーなど
●東海大学有賀教授ら工学部グループがセイワ製作所との共同研究でAWSポスターセッションアワード賞受賞
共同研究「チタンのマイクロスポットろう付」がAWSポスターセッション・アワード賞第2位を受賞/4月に米・セントルイスで開催されたAWSエクスポジションの会期中に行われた大学院における研究を主体としたポスターセッションの中で優秀な研究に対して贈られるもの/受賞は、チタン製のメガネフレーム作製に利用されている抵抗加熱を利用したスポットろう付についてマイクロスポットろう付の応用展開の可能性を示唆した功績が認められたもの
●サイサン 常磐共同ガスの経営権取得
7/27同社は福島県いわき市で都市ガスやLPガス供給事業を手がける常磐共同ガスの経営権を取得/都市ガス販売企業を傘下に収めるのは昨年の熱海ガス以来/いわき地区におけるLPガスの販売を強化するほか同社を足がかりに産業ガス、医療ガスの商権も拡張していく方針

TOP画面へ

お勧めの書籍