1999年(平成11年)6月15日 第2334号

99/06/15

●《トップニュース》
全溶連大会“北陸路”に334名集う
第56 回全国高圧ガス溶材組合連合会年次大会が6/3・6/4の2日間金沢市のホテル日航金沢に334名が参加して開催/業界功労者21名を表彰/通常総会では平成11年度事業計画、収支予算など各議案を採択/任期満了に伴う役員改選では山川昇会長の留任/次回開催の第57回大会は東海高圧ガス溶材組合連合会の担当により平成12年6月8・9日に名古屋市で開催
●標準自動溶接機50・6%減 1〜3月生産実績
平成11年1〜3月のアーク溶接機生産実績によると、CO2を主体とする標準自動溶接機は前年同期比50・6%の大幅減となった。ただ、メーカーの在庫調整も進んでいることから実勢は30%程度のダウン幅とみられる。健闘しているのは回転式(エンジン溶接機)で、同14・1%のダウンにとどまっているが小型機種の比重も高まっている。
●日本スタッドウェルディング滋賀事業所・大野八郎取締役所長に聞く
' 日本スタッドウェルディングは、スタッド溶接をベースに米TRW社ネルソンスタッド溶接事業部門と連携して、30年前から営業活動を展開。現在、年商50 億円の実績を誇る。同社滋賀事業所の大野所長に溶接装置やスタッドボルトの開発、品質管理、物流などの現状と今後の展開を聞いた。
●日本酸素98トライ&トライセール シンガポール招待旅行
日本酸素のV-CUP98トライ&トライセール達成店のうち、A賞に輝いた優秀販売店が5月22〜26日までシンガポール招かれた。総勢70人は成田空港・関西国際空港それぞれから出発し、無事チャンギー空港に到着した。

TOP画面へ

お勧めの書籍