溶接ニュース

溶接を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,工業材料や工業製品の生産統計,注目される話題の探訪,現場からの報告等,全国各地にわたる取材網を活かし,様々な情報を提供する毎週火曜日発行の新聞。一般社団法人日本溶接協会の機関紙でもあり,同会の各委員会や各支部行事の詳細も報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2021/07/27

溶接ニュース 2021年7月27日付、第3396号

■IIW、年次大会開く、22年日本大会PR
IIW(国際溶接学会)は7月7日から21日まで、2021年年次大会を開催した。完全オンライン形式で実施。年次大会ではアークやレーザ、抵抗などの溶接プロセス、近年話題の金属AMなどの研究動向から教育訓練、安全衛生など取り組み、国際規格の策定など多様な話題が議論された。同年次大会は毎年実施し、現在の加盟国50ヵ国の中から、立候補の上、会場として選定されるが、昨年と今年は世界的な新型コロナウイルス感染拡大の影響でウェブ上でのオンライン開催となった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■造船市場に回復の兆し、次世代船に溶接技術が貢献
■特集・ばり取り加工の現状と課題
■2021北海道特集 

詳細はこちら

2021/07/20

溶接ニュース 2021年7月20日付、第3395号

■外国人溶接士の現状分析・特定技能1号で溶接が大きな役割
外国人溶接士が日本のものづくり産業で大きな役割を果たしている。特定技能1号残留外国人をみると、造船・船用工業、素形材産業、産業機械製造業で100人を超え、業務区分で最も大きな割合を占める。また、厚生労働省によると、外国人労働者の数はこの10年で約3倍にも増加している。ただ、溶接は専門性の高い職種であることから技能教育が必須であり、言葉の違いなどによる職場のコミュニケーション、文化ギャップの克服など課題は多い。外国人溶接士の現状に迫った。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■溶接女子インタビュー・安藤涼夏さん(総合車両製作所)
■鉄骨現場溶接の地位向上へ、「鉄骨現場溶接協会」設立
■特集「溶接・関連技術の自動化」

詳細はこちら

2021/07/13

溶接ニュース 2021年7月13日付、第3394号

■次世代鉄道車両にMg(マグネシウム)、強度確保へ溶接が大きな役割
 新幹線に代表される高速鉄道にはアルミニウム合金が現在多用されているが、さらなる高速化とカーボンニュートラル時代にむけた省エネにむけて一層の軽量化が求められている。選択肢の一つとして注目を集めるのが難燃性マグネシウム合金。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、新構造材料技術研究組合(ISMA)のプロジェクトで試作した車両(部分構体)が、実用化に耐える強度を実現した
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■工法の変化に柔軟対応、羽生田鉄工所、CFRPの需要拡大
■昭和電工。異種材料接合技術を開発
■群馬に金属AMの拠点、日本ミシュランなど8社参画

詳細はこちら

2021/07/06

溶接ニュース 2021年7月6日付、第3393号

■全国競技会(三重大会)概要決まる、注目は新課題の攻略
11月に開催する第?回全国溶接技術競技会中部地区三重大会(主催=日本溶接協会、中部地区溶接協会連絡会、三重県溶接協会、後援=三重県、四日市市、協賛=産報出版、以下「全国競技会」)の概要が固まった。11月13日に開会式と競技説明会を行い、翌?日に競技を行う。競技会場はポリテクセンター三重(四日市市)、開会式は都ホテル四日市(同)で開催する。新型コロナウイルス感染防止のために、大会期間中の会場入場者を登録制とし、来場者数を制限するなど感染防止対策を図り開催する方針だ。今大会は、競技課題を変更して初めての全国競技会となるだけに選手の取り組みに高い注目が集まる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■清本鐵工、溶接道場で技量アップ
■安川電機と九州大学、包括的連携で合意
■関心高い溶接シミュレーター、リモート溶接訓練でも活躍

詳細はこちら

お勧めの書籍