溶接ニュース

溶接を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,工業材料や工業製品の生産統計,注目される話題の探訪,現場からの報告等,全国各地にわたる取材網を活かし,様々な情報を提供する毎週火曜日発行の新聞。一般社団法人日本溶接協会の機関紙でもあり,同会の各委員会や各支部行事の詳細も報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2019/04/09

溶接ニュース 2019年4月9日付、第3286号

●《トップニュース》
プラント保安分野でドローン活用

英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルや米シェブロン、仏トタル、英BPなど石油大手では、製油所の点検やパイプラインの監視業務にドローンの活用が進む。日本でもドローンの本格活用に向けた環境整備が急務であり、人手不足が続く産業界において救世主として期待が高まる。経済産業省は3月29日、消防庁、厚生労働省と連携し、溶接の代表的な適用分野であるプラント保安分野におけるドローンの安全な活用の促進に向け、プラント内でドローンを安全に運用するための「ガイドライン」と、国内外企業の先行事例を盛り込んだ「活用事例集」をとりまとめたと発表した。
消防庁、屋外貯蔵タンク検査の報告書公表
竹中工務店、柱RC梁S接合工法を開発
溶接学会各賞 決まる 学会賞に南氏

詳細はこちら

2018/07/24

溶接ニュース 2018年7月24日付、第3252号

●《トップニュース》
IIW年次大会、インドネシアに700人参集

国際溶接学会(IIW)は、7月15日から20日までの6日間、インドネシア・バリのヌサドゥアコンベンションセンターで第71回年次大会を開催し、47ヵ国・地域から約700人が結集。16の常設委員会を中心に最新の研究発表や規格・基準制定の討議を行った。平田好則(大阪大学)、荻野陽輔(同)の2氏がオープニングセレモニーで表彰を受けた。研究発表では、アディティブマニュファクチャリングに関する合同委員会が開かれ注目を集めた。また会期中、IIWの次期理事に日本溶接協会の粟飯原周二会長が選出されたことが発表された。
「FA・ロボットシステムインテグレータ協会」設立
特集/抵抗溶接
特集/北海道溶接業界の現状と展望

詳細はこちら

2018/07/17

2018年7月17日付、第3251号

●《トップニュース》
三条テクノスクールで溶接女子会開催

少子高齢化にともなう労働者不足が深刻化する中、女性の活躍に大きな期待が集まっている。新潟県立三条テクノスクールは7月6日、三条市の同校会議室で第2回溶接女子会を開催。同校溶接科の女性指導員・榎本静香さんをファシリテーターとして、同校溶接科で学ぶ女性訓練生4人と、現在、地元の溶接事業所で活躍する同校女性修了生7人が溶接談義に花を咲かせた。
神戸製鋼が「自動車用接合技術ショールーム」開設
レーザニュース拡大版
溶接と私・松井繁朋さん(元川崎重工業常務)

詳細はこちら

2018/07/10

2018年7月10日付、第3250号

●《トップニュース》
サポイン事業、溶接関連11件採択

◇中小の溶接研究意欲旺盛に◇
溶接関連中小企業の技術開発意欲が旺盛だ。人手不足や原材料費の高騰など懸案要因が残る中、付加価値を獲得しての競争力強化を目指す中小企業にとって、新規設備の導入や研究機関と連携しての技術開発は成長のカギとなる。中小企業庁は6月29日、2018年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポートインダストリー:サポイン)126件の採択結果を発表。溶接関連で11件が採択された。
軽量化特集
溶接のちから/未来を担う溶接士のタマゴ
学生フォーミュラと溶接

詳細はこちら

お勧めの書籍