溶接ニュース

溶接を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,工業材料や工業製品の生産統計,注目される話題の探訪,現場からの報告等,全国各地にわたる取材網を活かし,様々な情報を提供する毎週火曜日発行の新聞。一般社団法人日本溶接協会の機関紙でもあり,同会の各委員会や各支部行事の詳細も報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2019/12/24

溶接ニュース 2019年12月24日付、第3320号

■金属AM、技術革新進む
3Dプリンターとも呼ばれるアディティブマニュファクチャリング(AM)。1台・1工程で製品を作れることから次代を担う加工技術として、製造現場から高い注目を集めている。ここ数年で熱源にアークや電子ビームを用いたり、3次元造形以外の加工にも使えるようになったり、材料となる金属粉末にナノレベル粒子を使うなど様々な装置が登場するなど、メーカーによってAMの技術に大きな変化がみられるようになってきた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■セネガルに溶接学科 新設
■地下壁構築に溶接継手が貢献
■全溶連 保安対策連絡会議開く

詳細はこちら

2019/12/17

溶接ニュース 2019年12月17日付、第3319号

■ダイヘン、古河電工 レーザ・アークハイブリッド市場投入へ
ダイヘンと古河電気工業は、アルミ材と亜鉛めっき鋼板の異材溶接が可能な「レーザ・アークハイブリッド溶接システム」を開発し、2020年1月に市場投入する。6000系(Al―Mg―Si系合金)もしくは5000系(Al―Mg系合金)アルミ材と亜鉛めっき鋼板(GI材)との重ねすみ肉溶接が可能になる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■今治造船、JMUが業務提携、生産効率化図る
■東芝、スポット溶接検査ロボットの自動化目指す
■阪大、溶接構造シンポに論文100件超

詳細はこちら

2019/12/10

溶接ニュース 2019年12月10日付、第3318号

■2020国際ウエルディングショー 大阪最大規模で開催へ
大阪会場として最大規模となる「2020国際ウエルディングショー」(主催=日本溶接協会、産報出版)の開催概要が12月5日、東京・千代田区で開催した同展の出展者説明会で発表された。今回の出展規模は大阪会場としては過去最高の220社・団体、1100小間。会期は4月8―11日の4日間で、大阪市住之江区のインテックス大阪1―4号館を会場に開かれる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■竹中工務店、現場溶接ロボを角溶接に適用
■長野溶接工業会、若手技術者が懇談
特集●安全保護具

詳細はこちら

2019/12/03

溶接ニュース 2019年12月3日付、第3317号

■日溶協・創立70周年記念式典に400人
日本溶接協会は(粟飯原周二会長)11月27日、東京・港区の東京プリンスホテルで創立70周年記念式典を開催。各界から約400人が集まるなか、粟飯原会長は人材育成や新規分野の開拓に積極的に取り組む方針を示し「溶接界を発展させ飛躍へのステップとする」と所信を述べた。記念式典では団体表彰、日溶協マイスター認定式、祝賀会を開き、来場者とともに70周年を盛大に祝した。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■ファブテック2019 自動化活況
■橋本エンジ、車いすにマグネシウム溶接技術
■阪大理系女子 企業と交流

詳細はこちら

お勧めの書籍