溶接ニュース

溶接を取り巻く産業界の最新動向,内外の新技術や新製品,工業材料や工業製品の生産統計,注目される話題の探訪,現場からの報告等,全国各地にわたる取材網を活かし,様々な情報を提供する毎週火曜日発行の新聞。一般社団法人日本溶接協会の機関紙でもあり,同会の各委員会や各支部行事の詳細も報道。

購読のお申し込み

一覧ページ

2020/05/26

溶接ニュース 2020年5月26日付、第3339号

■熟練技能の習得に新たな動き  溶接技能のデータ化
熟練溶接士の不足の解消に向けて短期間で熟練技能を身に付けるような教育態勢が求められる中、溶接技術をデータ化することで対応する動きが出てきた。日立建機(東京・台東区)は溶接士の動きをカメラで撮影するなどしてデータ化し、若手の教育に活かすシステムに取り組む。パナソニック(大阪府門真市)は熟練溶接士がティーチングした動きを溶接ロボットに応用する。中小企業のノースヒルズ溶接工業(東大阪市)は自社にいる熟練溶接士のデータ化に取り組んでいる。技能伝承が難しくなる中、「技術のデータ化」が大きなトレンドになっている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■フジムラ製作所・清潔で働きやすい板金工場へ
■IIW年次大会 7月にオンラインで開催
■JFE、創意工夫功労者賞 熱延鋼板溶接機の改善で

詳細はこちら

2020/05/19

溶接ニュース 2020年5月19日付、第3338号

■厚労省マイスター認定基準改定、全国競技会成績優秀者追加
厚生労働省が認定する「ものづくりマイスター」の電気溶接職種の認定要件に日本溶接協会(日溶協)が開催する全国溶接技術競技会の成績優秀者が追加される。日溶協は2019年から独自のマイスター制度を立ち上げるなど、溶接技能者・若年者教育、溶接普及を推進中である。今回の厚労省の基準改正を受け、より多くの溶接技能者がものづくりマイスターに認定され、全国規模の溶接技能伝承に弾みがつくものと期待される。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■フラウンホーファー、溶接検査で人とロボットがコラボ
■量研、配管内部をレーザ溶接 プラント補修に適用も
■全国軽金属溶接競技会優勝選手インタビュー・中山薫氏(赤星工業)【第1種】

詳細はこちら

2020/05/12

溶接ニュース 2020年5月12日付、第3337号

■日立建機 熟練溶接技能をデータ化
熟練技能者不足を背景にものづくりの現場では技能者の教育・伝承が大きな課題になっているが、日立建機(東京・台東区、平野耕太郎社長)は4月20日、溶接技能の伝承を目的に、溶接士の複雑な作業データを「見える化」する技術を開発したと発表した。この技術を活用し、溶接訓練システムの開発に向けた実証実験を本格化させる。溶接中の視線や溶接トーチを動かす速度、電流・電圧などの溶接条件と溶接部の状態をカメラやモーションキャプチャで計測することで開発につなげた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■暑熱対策特集
■阪大接合研 研究内容を動画で配信 茂田正哉准教授
■藤精機,水素用配管の自動溶接開発

詳細はこちら

2020/04/27

溶接ニュース 2020年4月28日付、第3336号

■次世代ロケットにレーザ溶接・神奈川大・ツツミ産業
次世代の燃料方式として期待されるハイブリッドロケット。実用化に向けてタンク部に難加工材料に難加工材料である64チタン(Ti-6AL-4V)を適用する研究がスタート。その接合技術としてファイバーレーザを使用。ハイブリッドロケットの開発を行う高野敦准教授(神奈川大学・工学部)の研究チームとツツミ産業(相模原市緑区・堤健児社長)はハイブリットロケットに搭載する液体酸化剤のタンクをチタン合金「64チタン」で製作するための共同研究を開始した。64チタンは軽く、強度や耐食性に優れる一方で、伸びにくく割れやすい難加工材料とされる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■緊急事態宣言,鉄骨ファブへの影響じわり
■溶接技能者評価試験、5月31日まで中止
■指定機関アンケート・新型コロナ感染拡大・9割影響

詳細はこちら

お勧めの書籍