2006 VOL.54 5月号(4月20日発行)

06/04/20

Feature リスクマネジメントを考える −リスクの回避、予防・防止、損失の軽減のために−
 前川 寛 (リスクマネジメント協会) 、池田豊喜 (日本CTO協会) 
リスクマネジメントは、従来型の損失を最小化するという消極的なものから、積極的に収益の増大をもたらす経営戦略のひとつと捉える考えが広まってきた。そこでは、マイナス情報が直ちに伝わるような職場作りと、リスクを察知する感性を持った管理職の育成が求められている。

クローズアップ
レーザマーカの新しい展開
 齋藤昌利 (ミヤチテクノス) ほか   
摩擦圧接による鉄筋定着工法
 奥山信博 (清水建設) 
「ものづくり」更なる挑戦! −技能伝承の取り組み−
 福田紀夫 (高田工業所) 


【特 集】 切断作業効率はこうして上げろ
熱切断作業効率向上のポイント 
 古城 昭 (小池酸素工業)  
段取り作業改善でフレームタイムを向上
 細迫義春 (太陽シャーリング) 
レーザによる開先切断 
 長堀正幸 (日酸TANAKA) ほか  

時事解説
最近の知的財産に関する課題と対策−特許庁と日本溶接協会との懇談会報告−
 日本溶接協会 特許委員会

産業トレンド
統計に見る日本の溶接産業 −最近10年間の動きを中心に−
 ー編集部-

製品トレンド
大型アクアガスジェネレーターの開発と適用
 中田実雄 (エア・ウォーター) ほか   

連載講座
溶接技術者のためのやさしい溶接冶金学 
第1回 溶接金属における材料挙動 
 才田 一幸 (大阪大学) 

質問にお答えします
溶接材料編 第1回 ガスシールドメタルアーク溶接ソリッドワイヤ
 平井 宏樹 (大同特殊鋼) ほか

第36回日本溶接協会賞受賞者決定

世界の溶接誌から●アルミニウムの超音波スポット溶接

溶接自動化の歴史 第17回 
 杉谷祐司

フォトレポート
わが国溶接業界の期待と展望を集め2006国際ウエルディングショー開幕
自然エネルギーにより高速浮上走行を実現/時速500kmの超高速輸送システム「エアロトレイン」
造船好況下で関連技術の進展が一層進む/国際海事展「SEA JAPAN2006」開催

TOP画面へ

お勧めの書籍