2005 VOL.53 4月号(3月20日発行)

05/03/20

Feature●グローバル化時代の溶接技術者・技能者の教育訓練−
 編集部 
 若年層の労働人口の減少や企業の雇用調整による従業員の年齢構成のばらつきなどにより,製造現場で溶接技術・技能の継承に危機感が叫ばれて久しい。
 また製造拠点の海外進出にともない,現地従業員にいかに効率よく作業手順を教育できるかがライン立ち上げ時の大きなポイントとなる。ここではグローバル化時代の溶接技術者・技能者の人材育成への取り組みを事例を交えて紹介する。

クローズアップ
■難燃性マグネシウム合金の摩擦撹拌接合
 有年雅敏 (兵庫県工業技術センター) ほか  
■ものづくりの街でレーザ加工−フレキシブルなNd:YAGレーザワークステーションを持ちいたレーザ肉盛溶接−
 クラウス・シュミット (DSIレーザーインターナショナル)
■鉛フリーはんだのデータベース化に向けて
 安田清和 (大阪大学)
■汎用位置決め治具ロボットで多品種少量生産ラインを効率化
 下野利昭 (安川電機)
 

特集● 中厚板の溶接
■溶接性に優れた高性能厚板
 田中洋一 (新日本製鐵) 
■最近の中厚板用溶接材料・溶接プロセス
 横田順弘  (神戸製鋼所溶接カンパニー) ほか

技術フォーラム● 
■マイクロ・スパーク・コーティング(MS Coating)の開発
 落合宏行 (石川島播磨重工業) ほか 
■精密溶接用トランジスタ式溶接電源の開発 
 高崎浩幸 (日本アビオニクス) 

質問にお答えします●切断機編 第4回 レーザ切断機
 佐野義美 (日酸TANAKA)
入門教室●アーク現象と制御 第3回 溶滴移行現象?
 平田好則 (大阪大学)

製品トレンド●アーク現象と制御 第3回 溶滴移行現象?
 平田好則 (大阪大学)

世界の溶接誌から●リール船工法における海洋パイプラインの溶接

【連載】
溶接自動化の歴史 第4回 
 杉谷祐司

平成16年11月3日実施の溶接監理技術者評価試験 特別級における筆記試験問題と解答例 

製品トレンド●変位モニタ付き抵抗溶接電源−
 茂呂享司 (ミヤチテクノス)

フォトレポート
消燃料電池で連続航行世界記録を達成/深海無人探査機「うらしま」が快挙
中部地区経済圏が経済再生のキーに/わが国製造基地に中部国際空港開港

TOP画面へ

お勧めの書籍