2004 VOL.52 10月号(9月20日発行)

04/09/20

Feature●溶接をキーワードに世界に拡がるネットワーク
ーJICA溶接研修コースの役割と成果ー
 JICA(独立行政法人国際協力機構)は、開発途上国の生活レベル向上と経済発展を導くため、各種のODA支援を行っている。このなかJICAのプログラムにおいて1974年に名古屋国際研修センター(現中部国際センター)に設立され、これまで54ヶ国、311名を輩出してきた溶接技術研修コースの取り組みを紹介する。

クローズアップ
■最近のデジタル制御アーク溶接機の進展
 仝 紅軍 (ダイヘン) ほか  
■情報家電における精密・微細加工
 松下直久 (富士通) ほか 
■溶接・接合技術の将来展望
 バーティル・ペッカリ (エサブ) 


特集● 非破壊検査をとりまく最近の話題
■溶接現場での超音波探傷機 -デジタル探傷器をどう使うか-
 池ケ谷靖 (ジャスト) 
■FSW精密非破壊検査技術 -超音波フェイズドアレイ法の適用-
 江原英治 (アールディテック・アジア)
■カプセルシートを利用したMTフィルム検査法
 森次 繁 (川重ファシリテック) ほか  
  
  
技術フォーラム● 2004国際ウエルディングショーに見る新技術・新製品
■プラズマ溶接へのCO2の適用 -日立アクティブエースについて-
 三田常夫 (日立ビアメカニクス)  
■低加圧ワンサイドスポット溶接システム
 田中康博 (岩谷産業) ほか 
■単管パイプのティグ自動溶接装置について
 村田彰久 (ムラタ溶研) 

■寄稿:セルフシールドアーク溶接法 -異種アーク溶接法の溶着金属の混合-
 谷垣 尚 (愛知産業) 

■溶接管理技術者評価試験 1級、2級における筆記試験問題と解答例 ※特別級は次号に掲載

連載・質問にお答えします●溶接材料編
 第2回 炭酸ガスアーク溶接ソリッドワイヤ
 信田誠一 (神戸製鋼所)
入門教室●FSW (摩擦撹拌溶接)
 第2回 古賀信次 (川崎重工業)
連載講座●異材溶接の基礎とその展開
 第2回 アルミニウムと鉄の溶融溶接
 中田一博 (大阪大学)

世界の溶接誌から●アルミニウムの摩擦スポット溶接

フォトレポート
ファイバーレーザで出力10.4kWを実現/IPG社がシステムを開発
トヨタ生産方式の溶接工程がオープンに/車体溶接ラインが初の一般公開へ
歴代の名場面を実物で再現/「プロジェクトX」企画展開催

TOP画面へ

お勧めの書籍