2004 VOL.52 6月号(5月20日発行)

04/05/20

Feature●世界の溶接界に果たすべき使命と役割
     −IIWとわが国溶接界ー
     牛尾誠雄 (大阪大学) ほか
 本年7月11日から16日まで大阪で行われるIIW(国際溶接学会)の年次大会。ISO9000sの全世界的な普及やEUの経済統合、WTOのTBT協定成立などの影響を受け、溶接要員の資格認証や規格の国際標準化、環境問題などへの取り組みが、溶接界およびIIWに強く求められている。IIWの歴史から資格認証、標準化の動向を検証するとともに、今後国際社会のなかで日本の溶接界が果たすべき役割を考察する

クローズアップ
■テーラードブランク溶接と応用
 石橋博雄 (新日本製鐵) ほか 
■電子部品のレーザ溶接
 岡田直忠 (東芝) 

特集● ろう付の特殊材料への適用
■アルミニウムと銅の異材ろう付技術の開発
 小山 健 (住友精密工業)
■形状記憶合金とステンレス鋼のろう材
 上西啓介 (大阪大学) ほか

技術フォーラム●
■薄板の高速ティグ溶接技術
 増子知樹 (東京都立産業技術研究所) ほか 
■低変態温度溶材の特徴と適用
 早川直哉 (物質・材料研究機構) 

テクニカルトピックス●
■次代のハイブリッド溶接
 ロバート・メスラー (レンセラー・ポリテクニック)

産業トレンド●統計にみる日本の溶接産業−最近10年の動きを中心に−
製品トレンド●ガソリン−酸素切断システムの提案−
 境田惣一 (トヨミツ)
連載・質問にお答えします●環境・衛生器具編
 その2 換気・集じんシステム
 上福本清隆 (興研)
短期集中連載●エレクトロニクス分野におけるマイクロ接合
 第3回 家電・デバイス分野へのマイクロソルダリング接合の適用例 村上喜作 (松下溶接システム)
連載講座●狭開先溶接
 第2回 狭開先溶接のねらい−低入熱化− 平岡和雄 (物質・材料研究機構)

世界の溶接誌から●レーザハイブリッド溶接による品質改善

フォトレポート
熟練者によるろう付を自動化/ロータコイルの自動ろう付技術
高温機器構造物の安全性確保に向けて/物材機構クリープ試験30万時間突破
史上最大の規模と内容でITSC2004開催/世界の溶射研究者・技術者一堂に集う

TOP画面へ

お勧めの書籍