2004 VOL.52 4月号(3月20日発行)

04/03/20

Feature●国立大学の法人化時代を迎え産学連携をどうする
     −産学間のニーズ・シーズの戦略的キャッチボールは可能かー
     豊田政男 (大阪大学)
 今年4月、わが国の国立大学は「国立大学法人○○大学」と、いわゆる独立行政法人化がなされる。これにともなう教育研究の活性化により、今後は一層緊密な企業と大学の連携が求められる。本稿では最近の産学連携の動向とともに、産学連携の技術レベルを上げるためには何が必要かを解説する

クローズアップ
■溶接ロボット、汎用から最適化へ
 西川清吾 (安川電機) 
■溶接工程のロボット集中監視・遠隔保守システム
 白濱和人 (ダイヘン) ほか
■レーザ溶接のトラッキングと検査
 ジャンポール・ボワロ (サーボロボット) ほか

特集● ルポ/わが社の教育訓練
■伝統の教育システムで熟練作業員を育成
 ユニバーサル造船(株)津事業所
■住まいづくりを支える高精度の溶接施工
 東京セキスイ工業(株)
■高密度実装対応のソルダリングオペレータを育成
 (株)マニュファクチャリングソリューション

技術解説
■工業用純Tiと純Niのマイクロスポットろう付
 宮澤靖幸 (東海大学) ほか

技術トレンド
■堅型ミルにみる肉盛溶接による再生技術
 青田利一 (ウエルディングアロイズ・ジャパン) ほか

「特例措置によるIIW国際溶接検査技術者(IWIP)をめざす人に(第2報)
 J-ANB (IIW資格日本認証機構) ・ (社)日本溶接協会 ・ (社)日本非破壊検査協会

短期集中連載●エレクトロニクス分野におけるマイクロ接合
 第1回 エレクトロニクス分野の動向とマイクロ接合技術の概要 村上喜作 (松下溶接システム)

■平成15年11月3日実施の溶接管理技術者評価試験 
  特別級における筆記試験問題と解答例

入門教室●マイクロ加工のレーザアプリケーション
 最終回 最近のレーザ装置及び加工動向 奥山寛之 (ミヤチテクノス) ほか
連載講座●溶接割れの基礎知識
 最終回 高温割れ-その2- 糟谷 正 (新日本製鐵)

世界の溶接誌から●球状黒鉛合金鋳鉄の粉体肉盛溶接

フォトレポート
電磁力利用でLNGタンク側壁鋼板を高速溶接/三菱重工業横浜製作所が堺LNGで現地適用
世界最大実大振動破壊実験施設/振動テーブルの現地溶接開始

TOP画面へ

お勧めの書籍