JFEエンジ、ミャンマーの工場設備を再拡張●年産2万トンから3万トンへ

16/11/08

 JFEエンジニアリングは、ミャンマー建設省との合弁により設立した、J&Mスチールソリューションズ(ヤンゴン市)について、2017年3月末までに工場の生産能力を年産2万トンから3万トンに拡大する。
 ヤンゴン市タケタ地区で展開するJ&Mスチールソリューションズの鋼構造物製作工場は今年5月、年産1万トンから2万トンに拡大する工場拡張を行ったが、フル稼働の状況が続いていた。ミャンマーではヤンゴン市を中心に都市開発が急速に進み、大型建造物の更なる建設が見込まれている。また、周辺諸国では政府開発援助(ODA)案件をはじめ高品質な橋梁需要が更に拡大すると見込まれる中、J&Mスチールソリューションズは、こうした需要に対応するため、再拡張を決めた。
 今回は、用地を6万5千平方メートルから9万5千平方メートルに拡大し、鋼材や部材の保管ヤードを整備する。また、2500平方メートルの建屋を新設し、需要が見込まれる建材や橋梁の合成床版など主に形鋼を用いた鋼構造物を製品ラインアップに追加する。また、今年5月の工場拡張時に配置した高耐久性仕様の防食を行う塗装設備に湿度制御機能を追加することで、塗装作業を最適な環境下で行い、拡大するODA案件に対応する。

TOP画面に戻る

お勧めの書籍