ユニバーサルとIHIMU、合併を12月に再延期

12/10/24

 JFEホールディングスとIHIは、傘下の造船所であるユニバーサル造船(川崎市幸区)とアイ・エイチ・アイマリンユナイテッド(東京・港区)の合併効力発生日を再延期し、12月1日付に変更すると発表した。発表当初は今年10月1日付の合併を予定していたが、一部審査の遅れから9月下旬に1ヵ月延期し11月1日付としていたもの。
 合併日の変更は、海外における競争法上の審査・承認手続きが引き続き継続中のため。手続きの進捗次第では合併日をさらに延期する可能性もある。関係者によると中国での審査が遅れているという。合併期日が遅れれば調達計画や生産計画にも支障をきたすだけに、今後の影響が懸念されている。
 ユニバーサル造船は、2004年に日本鋼管(現JFEエンジニアリング)と日立造船の船舶・海洋部門が統合して発足。当初はJFE・日立造船の折半出資だったが、08年にJFEホールディングスの子会社となった。売上高は約2100億円(11年3月期)、従業員数は約4000人(連結)。
 IHIMUは、1995年にIHIと住友重機械工業の共同出資で設立され、02年にはIHIの海洋船舶事業部門が合流して現態勢となった。売上高は約1600億円(12年3月期)、従業員数は約2700人。

TOP画面に戻る

お勧めの書籍