外国人材受入れ、「分野別運用方針」を閣議決定

18/12/27

外国人労働者の受け入れを拡大する来年4月の改正入管法施行に向け、新制度の運用のあり方を示した「基本方針」と、施行から5年間の受け入れ見込み数を14業種で計34万5150人とした「分野別運用方針」が12月25日、閣議決定された。基本方針としては、外国人材を受け入れる業種を指定するとともに、受け入れる外国人材の日本語能力水準などを定めている。
【第16385号】

TOP画面へ

お勧めの書籍