JR東日本と理研、AI活用へ共同研究

18/12/26

東日本旅客鉄道と理化学研究所は12月21日、線路設備のモニタリングデータへのAI(人工知能)活用に向け、共同研究を開始すると発表した。線路状態の将来予測、画像判定機能の支援、線路の修繕計画の提案の3つのテーマについて、約3年の研究期間を予定する。
【第16384号】

TOP画面へ

お勧めの書籍