大陽日酸など、水素精製装置を開発

18/10/15

大陽日酸と広島大学、科学技術振興機構(JST)は10月11日、アンモニア分解ガスから燃料電池自動車(FCV)用高純度水素を高効率で回収する水素精製装置を毎時10ノーマル立方メートルの規模で開発し、水素回収率90%を初めて達成したと発表した。また、10%のオフガスをアンモニア分解用熱供給装置に供給することができ、エネルギー効率80%以上で高純度水素の製造が可能となった。
【第16334号】

TOP画面へ

お勧めの書籍