鋼材需要10―12月、0・3%増の2369万トン

18/10/11

経済産業省は10月9日、2018年10―12月期の鋼材需要について、前年同期比0・3%増の2369万tと横ばいで推移する見通しを発表した。国内で最も溶接材料出荷量の多い需要部門である建設は、前年同期に比べ1・5%減の548万4千tと微減を見込むものの、7―9月と比較すると1・8%増加し、ソリッドワイヤを中心に引き続き堅調な需要が予想される。建設に次ぐ造船は同1・8%増の105万tを見込む。
【第16332号】

TOP画面へ

お勧めの書籍