全溶連、理事会・評議員会合同会議開く

18/09/18

全国高圧ガス溶材組合連合会(深尾定男会長)は9月7日、東京・港区のメルパルク東京で理事、評議員など関係者49人出席のもと、2018年度第1回理事会・評議員会合同会議を開催した。開催に先立ち、深尾会長が挨拶。「17年度の高圧ガス消費先における事故件数は307件と、前年度比で69%減となった。ガス種別にみると、LPガスの249件に続き、アセチレンが26件、酸素が11件と、ガス・溶接・溶断作業における事故件数が多い」と報告した。
【第16317号】

TOP画面へ

お勧めの書籍