高圧ガス・溶接機材需要動向=東北編

18/03/15

◆東邦アセチレン執行役員産業機材営業部長・秋山利一氏
産業機材営業部では溶接機、溶接材料、産業機器、各種消耗品のほかシームレス容器、アセチレン容器などを販売している。東北の景況としては決して悪くはないが、活況という印象も受けないのが正直なところだ。特に東北は鉄骨ファブが多いため、溶接材料の動きが一つの目安となるが、当社の昨年4月から今年1月までの実績を見ても、前年同期比で全体的な数量は増えているものの、大きく伸びてはいない。中でも被覆アーク溶接棒については公共工事や現場工事案件が減ったこともあり、非常に動きが悪い。逆にソリッドワイヤは自動車関連を中心に堅調に出荷できており、FCWも造船向けが好調だ。
【第16193号】

TOP画面へ

お勧めの書籍