〈産業ガス市場動向〉炭酸ガス、タイトな需給続く

17/09/20

用途の半分を溶接が占める炭酸ガス。食品や農業、医療の分野など幅広いアプリケーションで可能性が広がっているが、厳しい需給環境が続いている。メーカー各社は年々、供給責任を果たすため製造プラントの新設やロジスティクスの改善といった課題を強いられており、その負担は既にメーカーの自助努力を超えている。需給タイトな炭酸ガスの現状を追った。
【第16078号】
      

TOP画面へ

お勧めの書籍