〈高圧ガス保安情報〉ダイビング用タンクの安全呼びかけ

17/07/21

産業用高圧ガスの保安確保が叫ばれるなか、レジャーとして高い人気を誇るスクーバダイビングの空気呼吸器用ボンベの安全に力を入れている団体がある。ダイビング高圧ガス安全協会(宮下高行会長)だ。2002年にスクーバタンク安全協会として設立し、06年6月には現在の名称に変更し、ダイビング用高圧ガスタンクの安全啓発や相談などのほか、業界内外に向けて保安情報を発信している。本格的な夏を迎え、国内外でダイビング人気が高まるなか、同協会ではダイバーらに注意を促している。
【第16039号】

TOP画面へ

お勧めの書籍