【新技術・製品】アークリエイト、高張力鋼柱にWAWO構法採用

17/07/07

◆アークリエイト、高張力鋼柱にWAWO構法採用◆
アークリエイト(高知市、内田昌克社長)が開発した「WAWO構法つばなし工法」が昨年10月、2016年度四国地方発明表彰特許庁長官賞を受賞した。長年の研究をもとに、低コスト・高耐震性・エコ鉄骨製作工法として考案された「WAWO構法」だが、その優位性やメリットが広く認められ、四国経済産業局長賞や高知県地場産業奨励賞をはじめ、数々の賞を受賞するとともに、採用実績も着実に伸張している。元高知大学教授の内田昌克氏らが同構法を普及させるために起業したアークリエイト。2003年の会社設立から14年が経過し、同構法をベース技術に様々なニーズに対応した新たな工法を生み出してきた。すでにWAWO構法は全国各地で249件の採用実績を数え、施工面積3万平方mの商業施設や19階建て事務所ビルなどにも採用されている。
【第16030号】


TOP画面へ

お勧めの書籍