ダイヘン、アルミ極薄板の高能率溶接を実現

17/06/08

ダイヘンは5月29日、交直両用パルスマグ・ミグ溶接機Welbeeインバータ「W350」を発表、販売を開始した。同社がこれまでに培った技術の粋を集めた、消耗電極式溶接機の最上位機種となる。
交流式におけるパルス制御は技術的に難易度が高く、対応する溶接機は世界的にも数が少ない。W350は独自の交流パルス溶接法により極薄板アルミ溶接でも高能率・高品質な溶接を実現。ギャップのあるワークに対しても優れた性能を発揮する。
【第16010号】

TOP画面へ

お勧めの書籍