東芝、府中事業所に水素利活用センターを建設

16/12/08

東芝は11月28日、府中事業所内において「水素エネルギー利活用センター」の建設を開始したと発表した。同センターは、再生可能エネルギー由来の水素を燃料電池車(FCV)に供給する地産地消型水素供給システム「H2One事業所モデル」として設計されており、2017年4月に運転開始予定。同モデルの営業活動に活用し、工場や物流拠点、空港等への納入を目指す。
【第15892号】

TOP画面へ

お勧めの書籍