溶工振、「3次元造形の最前線」テーマにセミナー

16/10/21

溶接接合工学振興会(野本敏治理事長)は10月18日、東京・品川区の日本精工ビル講堂で2016年度(第27回)セミナー「3次元造形の最前線」(共催=国民工業振興会)を開催。全体の司会を務めた大阪大学接合科学研究所の桐原聡秀氏が、「3次元造形の歴史」と題して講演し、1970年代後半に考案され、進化を続けてきた同技術発展の経緯を解説。
【第15860号】

TOP画面へ

お勧めの書籍