島津製作所、インフラの新検査技術開発●超音波と光で欠陥検知

16/10/06

島津製作所は10月5日、超音波と光を用いて鋼構造物やコンクリートの欠陥を非破壊で検出・画像化する新技術を開発したと発表した。老朽化したインフラ構造物の維持管理で検査工程の省力化・効率化を図る。新技術の実用化に向け、このほど京都大学との共同研究を開始。今後、インフラ管理者や検査事業者との連携も進め、3年後の事業化を目指す。
【第15850号】

TOP画面へ

お勧めの書籍