国交省、熊本地震の橋梁被害概要まとめる

16/07/22

国土交通省のまとめによると、熊本県内、大分県内の震度6弱以上を観測した地域の橋梁数は1万5689橋であり、このうち、182橋で軽微な損傷を含め、何らかの被災が生じた。軽微な損傷には、橋梁取り付け部に生じた段差など、橋梁以外の損傷も含む。
【第15801号】

TOP画面へ

お勧めの書籍