積水化学、溶接自動化率向上へロボット増設

16/02/26

積水化学工業は2月25日、近畿地区セキスイハイム生産工場のリニューアル工事が完成したと発表した。今回のリニューアル工事は約15億円を投資し、主に見学ルートの新設を含む「生産ライン全面変更」と、「自動化の促進(多品種対応型ロボット化)」を行った。ユニットの自動溶接化率を向上するなど、工場生産化率の極大化と建築現場での大幅な工数削減を目指す。
【第15702号】

TOP画面へ

お勧めの書籍