産総研、高圧水素連続供給法を開発

15/12/17

産業技術総合研究所は12月11日、圧縮機を使わない高圧水素連続供給法を開発したと発表した。今回開発した技術は、イリジウム錯体を触媒に用いて、水素キャリアであるギ酸を水素と二酸化炭素に分解する化学反応によって、圧縮機を使わずに簡単に40メガパスカル以上の高圧水素を連続的に発生できる。
【第15660号】

TOP画面へ

お勧めの書籍