トヨタ・神奈川県など、低炭素水素を活用 実証プロジェクトに向け検討開始

15/09/09

神奈川県、横浜市、川崎市、岩谷産業、東芝、トヨタ自動車、トヨタタービンアンドシステムは9月7日、環境省委託事業「2015年度地域連携・低炭素水素技術実証事業」で神奈川県の京浜臨海部が対象地域の低炭素水素を活用する実証プロジェクトにあたり、具体的な実証内容の検討、事業可能性調査を開始すると発表した。同プロジェクトは4年間を予定。今年から具体的な検討を進め、16年4月以降、本格的に実証を開始する。
【第15595号】

TOP画面へ

お勧めの書籍