YKKAP、黒部製造所のアルミ押出ライン棟が竣工

15/09/01

YKKAP(東京・千代田区、堀秀充社長)は、国内アルミ素材製造の中核工場である黒部製造所の再構築の一環として、昨年8月から建設を進めていた押出ライン棟が竣工。8月24日に竣工式を行い操業を開始した。同棟は建築面積約5300平方メートル、延べ床面積約5400平方メートルの鉄骨造。投資額は約15億円(建屋・設備を含む)
【第15589号】

TOP画面へ

お勧めの書籍