新日鉄住金ステンレスが二相ステン鋼受注 サウジアラビア向け、2000トン

15/08/03

新日鐵住金ステンレスは7月28日、サウジアラビアの既設シュアイバ海水淡水化装置(フェーズ2)の増設工事向けに、ササクラ(大阪市西淀川区、笹倉敏彦社長)から厚板を中心に約2000トンの二相ステンレス鋼を受注したと発表した。同増設プラントの造水能力は日量約9万トンで2017年から供給開始予定。
【第15571号】

TOP画面へ

お勧めの書籍