東芝、自立型エネルギー供給システムが運転開始

15/04/21

東芝は4月30日、再生可能エネルギーと水素を用いた自立型エネルギー供給システム「エイチツーワン」の実証運転を開始した。同社と川崎市が同市臨海部の公共施設「川崎市港湾振興会館および東扇島中公園」(川崎マリエン)に設置した新システムは、CO2フリーの水素エネルギーで300人に約1週間分の電気と温水を供給できる。
【第15502号】

TOP画面へ

お勧めの書籍