ファナック、古河電工が新会社設立 高出力LDMの品質向上

15/04/15

ファナックと古河電気工業は4月14日、産業用光ファイバレーザの基幹部品である高出力レーザ・ダイオード・モジュール(LDM)の開発および製造、販売を行う新会社を設立すると発表した。新会社「FFレーザ」は2015年度上期中を目標に設立する。出資比率はファナック、古河電工各50%。所在地は山梨県忍野村のファナック本社工場敷地内で16年4月の営業開始を予定する。
【第15498号】

TOP画面へ

お勧めの書籍