賀詞交歓会=東高連/災害時のあり方を再考

15/01/09

東海高圧ガス溶材組合連合会(山内二郎会長)は1月6日、名古屋市中区のキャッスルプラザで新春賀詞交歓会を開催した。山内会長は、多発する自然災害にふれ「高圧ガスを扱うものとして、もう一度改めて災害時の在り方を考え直す必要がある」と災害対応の重要性を指摘。高止まりが続く高圧ガス事故については、「関係各位と協力して事故を減らしていきたい」と述べた。
【第15432号】

TOP画面へ

お勧めの書籍