溶接界新春賀詞交歓会、国際・情報化をさらに前進

15/01/08

2015年溶接界新春賀詞交歓会が1月6日、東京・港区の東京プリンスホテルで開かれ、産学官約750人の溶接関係者が一堂に会した。日本溶接協会の宮田隆司会長は重点を置く国際化と情報化について「今年は次のステージへ展開する時機ととらえ、基盤事業とどう結びつけるかが課題」と挨拶。産報出版の久木田裕社長は「新たな製造技術情報の発信に努める」と所信を述べた。
【第15431号】

TOP画面へ

お勧めの書籍