東京都高保協、14年度上半期輸入検査実績

14/12/12

東京都高圧ガス保安協会は、2014年度上期の高圧ガス輸入検査実績を公表した。当期の検査申請は237件で前年同期と比較し19件減少、最も検査件数の多かった06年度上期と比べると半分近く減少したことになる。冷媒などの用途で使用するフロン類の輸入数量は約4086トンで全体の87%を占めた。また、フロン類のなかでは、フルオロカーボン22(HCFC22)が最も多い。
【第15418号】

TOP画面へ

お勧めの書籍